812-205-8583

MENU

インプラント治療を受けるにあたって

初めてのインプラント治療であれば、医師の診断や事前のカウンセリング・説明で専門的な用語も出るので、ただ聞いただけでは十分に理解できないことも多いでしょう。

 

そこで、カウンセリング時にはメモを持っていって、気になることや重要なことは書き留めておくようにし、質問したいことや聞きたいこともメモし、1つ1つ質問していきましょう。

 

カウンセリングの際に、覚えておくべきポイントが幾つかありますのでご紹介します。

 

まず、自分と似たような症例写真を見せてもらいましょう。
自分と同じようなケースをその医師が経験して治療していれば安心ですよね。仕上がった時のイメージもしやすいですし、専門用語で説明されるよりも写真のほうが断然理解しやすいというメリットがありますよ。

 

また、カウンセリングをしてくれた医師が、手術も担当してくれるのかという点も重要になります。
歯科医院によって異なりますがは、インプラント埋め込み担当と、被せもの処置担当といった風に別の医師が担当することもあります。
すると、トラブル発生時の責任の所在が曖昧にることもあり、そうなるととても面倒ですし不快ですよね。そのような理由から、一人の医師が一貫して担当・施術・処置をしてくれる歯科医院の方がオススメだと言えます。

 

近年のようにインプラントがあまり知られていなく技術も進んでいない時期は、顎骨の状態などが理由になってによってインプラント治療ができないと診断されるケースも少なくありませんでした。
けれども、その頃と比較しても格段に技術が進歩した現在は、インプラント治療が不可能だと診断されるケースは極稀なのだそうです。

 

口腔内を健全にしておくことは、ずっと健康でいられる秘訣の1つです。
インプラント施術後に後悔しないよう、歯科医院を安易に選ぶようなことはせず、十分に納得のいくまで比較し検討するようにしましょうね。

インプラント治療への不安

インプラント治療では手術が必須なので、初めてインプラント治療をする方は何かと不安がありますよね。
手術と言えば長時間かかる・・・というイメージもあり、身体にかなりの負担なのではないかと心配にもなるでしょう。

 

インプラント治療における手術は、患者さんのの口腔内・身体の健康状態にもよりますが、早くて10分程度で終わってしまうこともあります。
あまりの早さに驚く方もいらっしゃるでしょうね。
もちろん治療が必要な歯の本数や歯科医院ごとに異なるであろう治療方法によって多少の違いはありますが、それでもおよそ10分~1時間程で終了するというケースが多いようですよ。

 

一般的に、長時間かかる手術は身体への負担も大きくなるため、あまり良くはないですよね。
特に年配の方であれば、体力的な問題もあり長時間の手術で身体に負荷やダメージを与えてしまうと、術後に体調不良を起こしてしまうなどの悪影響も懸念されます。
そのため、各歯科医院ではCTスキャンで立体的な口内のレントゲンを撮影して診断するなどして、なるべく手術が短時間になるような工夫をしているんです。

 

インプラント治療の手術中または術後の痛みを心配しておられる方も少なくないと思います。
手術中は当然麻酔をしますので痛みは感じません。
麻酔の効きが悪い時には麻酔を足してくれますので、痛いと伝えれば心配無用ですよ。

 

手術後の麻酔が切れた時の痛みに対してもお薬が貰えますよ。
鎮静剤などが処方されますから、ずっと痛みを我慢しなければならないということはありません。

ドライマウスの中心的な不調は

インプラント術によるアドバンテージは、入れ歯のデメリットをなくしてしまうことや、本来の自分の歯に近づけるようにしてしまうことや、インプラントをしていない他の健康な歯を防衛することが代表例です。
永久歯というのは通常、32本生えてくるのですが、しばしば、永久歯が全部出てくる頃になっていても、ある一部の永久歯が、全然出揃わないこともあるとの事です。
虫歯の根源は、ミュータンス菌という名前の菌による作用によるものです。口腔内に虫歯菌が発生したら、それを100%除去するのは特に困難なのです。
歯が美しくなるのを主な目的としているため、咬みあわせの確認をあいまいに考えている実例が、かなり多く耳に入ってきているからなのです。
歯科衛生士による在宅医療で要望されるのは、始めに患者さんの口腔内を掃除して清潔にすることです。口腔内が汚い状態のままだと、菌が増殖している歯のカスを飲み込む事になりかねません。

歯のレーザー施術は、ムシ歯そのものをレーザー照射で消し去り、一段と歯の表層の硬度を補強し、痛い虫歯になるのを避けやすくする事が可能です。
ムシ歯が原因となっている知覚過敏は、ムシ歯は相当病状が進行していると思われ、うずくような痛さも続いてしまいますが、そうでないケースは、過渡的な徴候で終わるでしょう。
普段から歯のケアを入念に行っていれば、この3DSの効果で虫歯菌のほとんどいない状態が、大体、4~6ヶ月位保持できるようです。
口の中の具合はもちろんのこと、あらゆる部分の具合も併せて、安心できる歯科医とぬかりなくお話の上で、インプラントの申込を開始するようにしてください。
なくした歯を補う義歯の装着部から剥がすことが簡単だということは、月日が経つにつれて違ってくる歯と顎のコンディションに見合った形で、整えることが実行できるということです。

人間が生まれ持った噛みあわせは、しっかりと食べ物を噛む事で上下の歯がすり減り、個性的な顎の骨の形や顎にふさわしい、オリジナルの噛みあわせがやっと生まれるのです。
我々の歯の外側を覆う生体で最も硬いエナメル質のすぐ下の部分から、口腔内酸性の度合いが弱くなりペーハー(PH)値が5.5から5.7より低下すると、歯にとって大切なカルシウムやリンが溶けて消えてしまいます。
成人になったとしても永久歯はむし歯になってしまいますが、構造上乳歯は、永久歯に比べて耐酸性が劣るので、毎日の歯みがきを横着すると、乳歯に巣食ったむし歯は容赦なく大きくなってしまいます。
ドライマウスの中心的な不調は、口内が乾燥する、とにかく喉が渇くというのがほとんどを占めます。重度の際には、痛みなどの不愉快な症状が出てくることもあり得るのです。
プラークコントロールと聞くと、毎日の歯磨きを頭に浮かべることが大部分を占めると見込んでいますが、実際はそのほかにも豊富なプラークコントロールの使用方法が存在すると言われています。